バリ島 アクティビティ ツアー | 北部トレッキング + 滝スライダー & ジャンプ

| 自然の中で遊べる 旅のメニューをお届けします バリ島 アクティビティ ツアー

 

ディープに自然を体験!

バリ島 アクティビティ 北部エリアでトレッキングや川遊びを楽しむなら、こちらのワイルドツアー!ALAM社の催行するトレッキングや川遊びは、昔ながらの自然が残るバリ島北部ならではのネイチャーアクティビティです。観光地化の進んでいない地域だから体験できる、ディープな自然の遊びをお楽しみください! 険しい山の中を探検したり、16メートルの滝をジャンプしたり、非日常の体験にエキサイトしましょう!
北部トレッキング + 滝スライダー & ジャンプ


口コミ一覧

海も山も満喫しました

満足度:3
2017年06月11日
NISHI | 女性 | 40代
ご利用メニュー:シークレット オブ サンバンガン+ドルフィンウォッチング
まず最初にドルフィンウォッチングをしてから、トレッキングをするというアクティビティをやってきました。ドルフィンウォッチングをしたのはバリ島北部のロビーナビーチというところで、私たちは朝の2時にヌサドゥアを出発して、そのままバリ島を縦断したことになります。でも朝焼けの中ボートを走らせて野生のイルカが生き生きと泳ぐ姿を見られてよかったです。そのあとは途中のブドゥグル高原でトレッキングをしましたが、本当にジャングルのようなところを分け入って進んでいく感じが本格的なアウトドアでした。目的の滝では最高16mの高さから滝に飛び込んで、認定証をいただきました。スーパーハードでしたけど、メチャクチャ楽しいアクティビティをやって、バリ島の海も山も満喫できました。

日ごろのいろいろを解消

満足度:3
2017年06月11日
CHI | 女性 | 40代
ご利用メニュー:シークレット オブ サンバンガン
バリ島の雄大な大自然の中で思い切り身体を動かして、日ごろの運動不足やたまったストレスなどを発散できました。中途半端なアクティビティではなく、もう何も考えられないくらいハードなコースだったのがよかったのかな。たしかにハードではありましたけど、ありのままの自然の中で思い切り身体を動かして、気分もスッキリしました。同行してくれたスタッフはみな元気のいい若者たちで、みないい子たちばかり。とても明るいし、私がムリそうにしていると、そのようすを気遣ってくれ力を貸してくれました。ハードな道のりだっただけに、ゴールの滝に到着した時にはかなりの達成感がありました。こういった達成感というのも長い間忘れていた感動でした。滝ではスライダー遊びや飛び込みをしたのですが、最初は「こういう遊びは若者に任せよう」って思っていたのに、いつの間にか楽しく盛り上がったムードに乗せられて、年甲斐もなくやっていました。久々に童心に帰って遊び、すっかりはしゃいでしまいました。普段は運動不足なんですが、この日はかなり体を動かして、すっきりしました。

家族で楽しみました

満足度:3
2017年06月11日
一之瀬 | 女性 | 40代
ご利用メニュー:シークレット オブ サンバンガン
バリ島では子供たち(といってももう中学生と高校生ですが)と大自然の中で一緒に何かを楽しみたいと思って、こちらのトレッキングアクティビティに参加しました。うちの旦那がもともとアウトドア好きで、子供たちも小学生の頃はそんな旦那の趣味につきあっていたのですが、大きくなってすっかりご無沙汰になってしまったので、今回のバリ島旅行でひさびさに一緒に体を動かして汗を流すという体験ができました。トレッキングのいいところは、山道を歩きながら会話を楽しめるところでしょうか。久しぶりに家族全員で自然の中を歩いて、じっくり話をしたり、同じ体験をして感動を共有したりして、とても思い出に残る一日になりました。滞在中は他のアクティビティにも何種類か参加したのですが、このトレッキングツアーが一番体力的にも難易度的にも辛かったですけど、達成感もありました。バリの大生前の中で思い切りはじけて遊べるので、いいストレス発散になりますよ。
EI | 女性 | 20代
ご利用メニュー:シークレット オブ サンバンガン
あまりにワイルドで手加減がないアクティビティなので、正直ヒヤッとする場面もあったんですが、とても楽しかったです。この「北部トレッキング + 滝スライダー & ジャンプ」のアクティビティは正直一長一短だったと思います。アクティビティのいいところは、手つかずの自然をワイルドに楽しめるところでしょうか。他のアクティビティのような人工的な要素を全く感じない、ワイルド&ナチュラルな遊び方ができました。一方、ちょっと不安に感じたところは、手を加えていない→安全対策もきちんとしているのかと疑問に思うような危ない場面があったかなとも思いました。普通アクティビティを催行するうえで安全対策のために設備などなにかしらの手が加えられていてそれなりの対策がとられているのに対し、このアクティビティはそこにある自然の中に体一つで飛び込んで遊ぶので、手すりや鎖、ロープなども設置されていなければ、コースも全く整備されていなく、道なき道を行く感じでした。もしけがをした場合どうするんだろうという思いが常に頭の片隅にあり、その辺のリスクを承知したうえで参加したほうがいいです。でもこういったダイナミックな遊び方はなかなか日ごろできないので、貴重な体験ではありました。
M | 女性 | 30代
ご利用メニュー:シークレット オブ サンバンガン+ドルフィンウォッチング
夫がアウトドア大好きなので、つきあってトレッキングに参加しました。このシークレットオブサンバンガンというアクティビティは、バリ島で数あるアクティビティの中でも上級者向けらしくハードなトレッキングでした。トレッキングに10ドルくらいの追加でドルフィンウォッチングもできてしまうということを知り、欲張って申し込みをしました。朝一番でボートで海に出るためにホテルを出発したのは夜中の2時。片道3時間半かけて北部のロビーナビーチまで行きました。小さな漁船のようなボートで1時間ほどイルカを追いかけた後、シュノーケリングもできるといわれましたが、朝の海は寒くてとても泳げませんでした。なのでナシゴレンの朝食をいただいた後、ブドゥグル高原のトレッキングに出発しました。車内で眠れたとはいえ、熟睡できないので結構眠さを感じつつのトレッキングはコースがどんどん険しくなって最後は死にそうになりましたが、来た道を戻るわけにもいかず、休みながらどうにか目的の滝まで行きました。夫は元気にスライダーやジャンプを楽しんでましたけど、私は見ているだけでしたね。川では少し泳ぎましたが。ドルフィンウォッチングとトレッキングのアクティビティは両方やるのは女性にはきついかなと思いました。体力に自信のある人向けのアクティビティです。